« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

やっぱり調子に乗っていたら先週は馬券の神様に見放されてしまいましたcrying

ファインスカイ
5月11日(土)京都4R・3歳未勝利・芝1400m・18頭立2枠4番に川田将雅54.0kg・馬体重468kg(+8)で出走し、タイム1分22秒7で0.4秒差の2着。
川田騎手「スタートで挟まれたけど、その後は前にスペースがあったので上手く進められました。道中は掛かっていた訳ではなく、他馬に寄られると自分で頭を上げたり、ノメったり、コーナーではモタモタしていました。だから直線では手応えほど伸びなかったのだと思います。距離は1400がベストでしょう」
角田師「もう少し脚を溜められれば良かったけどね。まだしっかり背中を使った走りができていないから、その辺も課題です。ジョッキーが1400が良いと言うので、次は中1週で行きましょう。できれば乾いた良馬場で走らせたい」
◆結果としては上出来でしたが勝ち馬には完敗でしたねcoldsweats01
そして今回2着にはなりましたがまだこの仔は信用出来ませんねcoldsweats01
馬体はそこそこ良い感じになってきたので精神面がもっと大人になってきてくれたらな~
とりあえずまず早めに勝ち上がって安心させて欲しいところですcoldsweats01

ウイングドウィール
5月12日(日)東京・立川特別(ハンデ・芝1600m)に田中勝春騎手(52キロ)で出走。体重は増減無しの480キロ。時折軽く小脚を使いパドックを周回。周回を重ねて小うるさいところを出し発汗が目立ち始めるが、イレ込んでいるほどではなく気合いを見せながら歩いており、この馬の気配としては悪くない感じ。ジョッキーが跨がってもテンションはほぼ変わらず、小脚を使って馬場へ。芝コースに入るとすぐ返し馬に入り、スムーズなキャンターで駆け出して行った。レースでは、揃ったスタートを切り、外枠ということもあり無理をせず後方に待機する形。外の9~10番手前後に付けてしっかりと脚をため、直線に向いて大外に持ち出し追い出されたが、じわじわとしか伸びられず7着まで。レース後、田中勝春騎手は「馬の状態や感じは悪くなかったのですが、追い出してからグッと反応するところが無くはじけてくれませんでした。前走はハナに行って止まってしまい、今日は抑えていきましたが、ためた分ほどの反応がなくじわじわとしか脚を伸ばせませんでしたね」とのコメント。調教助手は「調教では追い出すとグッと体を沈めて反応し、スピードある良い走りをしてくれるのですが、実戦で発揮することが出来ず残念です。調教の動きからはこのクラスでも十分やれる力を持っているはずですが、何かきっかけを掴んでくれれば」とのこと。また宗像調教師より連絡があり「この馬なりにジワジワと伸びてはいるのですが、勝った時の走りとは少し違う感じです。具合も悪くなかっただけに残念です。レース後の具合を見て、今後の予定を考えたいと思います」とのことだった。
◆やっぱりこの仔はレース前に消耗しているんですよねsweat02
なんで最初からパドックで2人引きしないんでしょうねcoldsweats01
これで勝って同条件は無理かな…coldsweats01

★先週の長浜さん★
グランパドゥシャ…6着
◆なかなか良い走りでしたねhappy01
芝の短いところで頑張って欲しいけど優先がないと出るのも難しいからな~coldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »