« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

………言葉がありませんcrying

プリエールエスペレ
3月23日(土)中京・ダ1800mに吉田隼人騎手で出走。馬体重は前走より16キロ減の508キロ。チークピーシーズ、シャドーロールを着用しパドックに登場。大幅な馬体重減も体が絞れ細目感はない。周囲にバタつく馬が多いなか、マイペースで落ち着いた様子でパドックを周回しており、前捌きが硬めの歩様も、周回を重ねていくにつれて少しほぐれてくる。騎手は跨がらず同じ様子のまま馬場へ。ダートコースに入ると、内ラチ沿いをしばらく歩かせ、反転し促されるとスムーズに返し馬に入った。レースでは、首を上げてあおり気味のスタートとなり、馬群後方のごちゃつく位置で1コーナーに入る。13番手前後で1~2コーナーを通過し、気合を付けつつ追走する形。3コーナー手前でムチが入るも動くことができず最後方で4コーナーを回り、直線も伸びられず16着。レース後、吉田隼人騎手は「1~2コーナーまではハミを取って走れていたのですが、向こう正面に入るとハミが抜けてしまい、自分から走って行こうとしませんでした。3コーナー過ぎからは完全にハミが抜けてしまい、バテているわけではないのですが、直線に入っても全然反応しませんでした。まだ前と後ろのバランスがバラバラで、道中は前屈み気味に前だけで走っていますので、もう少し体を起こしてトモ脚も使えるようになってくればと思います。ダートの走り自体は悪くありませんでしたし、砂は被っても大丈夫でした。今日のレースだけでは適性を判断するのは難しいです。乗り味は良い馬なので、自分からハミを取って走れるようになってくればと思います」とコメント。また、鹿戸調教師は「ある程度やれると思っていたのですが、ここまで負けるとは思いませんでした。まだ緩さがある馬なので、しっかりしてくれば必ず変わってくると思うのですが。厩舎に戻ってきて状態を確認した後、1度ミホ分場に放牧に出したいと思います」とのこと。
◆競馬になっていませんでしたcrying
あまりにも酷い…sweat02
基本ダートは全然ダメなんでしょうけどそれ以前の問題でしたshock
勝ち上がるのは難しいかな…think

★先週の長浜さん★
トウカイバイタル…3着
◆勝てるレースでしたねangry
なんというレース運びなんでしょうsign02
こんなレースをしてるから謙一は勝ち星が少ないんですよcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »