« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

やっぱりだ…sweat01sweat01sweat01

ローレルカンタータ
3月16日(土)中山12R・4歳以上1000万下・D1800m・15頭立5枠8番に高倉稜57.0kg・馬体重516kg(-8)で出走し、タイム1分56秒1で1.9秒差の8着。
高倉騎手「道中は息を抜くようなところもなかったので、ブリンカーの効果はあったと思います。追い出すと頭を上げていましたが、何とか最後まで追いました。右手前でも左手前でも問題ない馬です」
勢司師「スローペースの展開の中、良く頑張っています。調教も色々と工夫して体も絞ったからね。自分で競馬を作れないのは辛いけど、展開次第ではもう少しやれると思います」
◆良く頑張った8着ですね。
自分の食い扶持だけは稼ぎましたねcoldsweats01
この仔はとりあえずこれで善し。
隙あらば掲示板でも狙ってくれたらcoldsweats01

グレイスフルデイズ
3月17日(日)阪神・芝1400mに内田博幸騎手で出走。休み明けの馬体重は4キロ増の480キロ。メンコを着用しパドックに登場。太目感はなく歩きに力強さがあって久々でも具合は良さそう。程良い気合い乗りでパドックの外目を元気に周回。騎手が跨がってもイレ込むことはなく気合いを見せつつ馬場に向かった。馬場入り後、少し行きたがる素振りを見せたが、ゆっくり歩かせていったんなだめ、1頭だけで落ち着いたキャンターで返し馬を行った。レースでは、後ろにモタれた体勢で出遅れてしまい、気合いを付けられても行き脚が良くなく後方2番手からの競馬。ゆったりとした流れとなり、3コーナー手前で外目を動いて中団まで上がっていき、9番手で4コーナーに入ったが、直線で追い出されても反応することが出来ず10着。内田騎手は「どこか集中を欠く雰囲気で、ゲートでもソワソワしていてモタれたときに扉が開いて出遅れてしまいました。押しても動いてくれず、ペースから判断して道中で上がっていったのですが、直線で追い出しても反応がありませんでした。新馬の時のような持ったままでスッと上がって行く感触がなく、走る方に気持ちが向いていない感じでした。久々のせいもあると思うので、これでガス抜きが出来ればもう少し走りに集中してくれるのでは」とコメント。西園調教師は「ゲートの中でチャカついてしまい出遅れてしまったようです。練習はさせていたのですが、ゲートの中でジッとできないようですので、縛り付ける練習もさせてみたいと思います。結果論になってしまいますが、出遅れた時点で、直線に賭ける競馬の方が良かったかもしれませんね。着順ほど差はありませんし、力負けではないと思っています」とのことだった。
◆さっぱりでしたねshock
新馬戦の勝ち方があまりにも見事だったので期待し過ぎなのかな…
馬体を見ると距離はもうちょっとあった方が良いのかなsign02
今回は惨敗でしたが馬体だけをみると1勝で終わる馬体ではないんだけどな…coldsweats01

ウイングドウィール
3月17日(日)中京・中京スポーツ杯(芝1600m)に出走。なお、丸田騎手が落馬負傷のため、大野騎手に乗り替わりとなっている。馬体重は2キロ減の472キロ。少しうるさいところを見せながらパドックに登場。時折、集中力を欠くような仕草を見せることもあったが、程よい気合い乗りで、前肢の出がスムーズで歩様に伸びもあり状態は良さそう。騎手が跨ってからも入れ込むことはなく馬場へ向かい、馬場へ入るとすぐにスムーズな返し馬に移った。レースでは、揃ったスタートから先行争いに加わるも無理せず控えて7番手で向こう正面に。インの8番手で折り合いを付け3~4コーナーを周り直線へ向かうと、最内を狙うが前が開かず14着。レース後、大野騎手は「道中は良い感じで運べていたのですが、直線で前が開きかけた時に、前の馬に入られてしまい、前が壁になってしまいました。脚が残っていただけに残念です」とのコメント。また宗像調教師は「前が狭くなり競馬になりませんでした。具合も良く期待していただけに残念です。レース後の具合を見て、今後の予定を考えたいと思います」とのこと。
◆負け過ぎですねsweat02
今回の放牧期間での心身共の成長は無かったようですねsweat02
降級を待ちますかねcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »