« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

1月は未勝利sweat02

ローレルカンタータ
1月26日(土)中京11R・伊勢特別・4歳以上1000万下・D1900m・13頭立6枠10番に横山和生57.0kg・馬体重524kg(-6)で出走し、タイム2分2秒3で2.5秒差の10着。
横山(和)騎手「叩いて状態は良くなっています。道中も悪くなかったし、手応えでもグッと来るところも出て来ましたが、勝った時に比べるともう一息ですね。ハンデ戦か平場なら減量が利くから良いと思います」
◆まだ使ってくれるみたいですcoldsweats01
馬体は良いんだけどな…coldsweats01

クロンヌヴェール
1月27日(日)東京・芝2400mに三浦騎手で出走。馬体重は前走より4キロ減の510キロ。首を軽く上下に振りながらの周回。まだ若干余裕のある馬体も、前走時に比べ引き締まって見える。気合い乗りも良く状態は良さそう。止まれの合図の後も同じ様子のまま、騎手は跨がらずに馬場へ。馬場に入ると少し落ち着かせてから促されるとスムーズに返し馬に入った。レースでは、出負け気味のスタートから10~11番手で1コーナーに入り、13番手で2コーナーを過ぎ向こう正面に入る。ここから馬なりで徐々にポジションを上げ、単独先頭で3コーナーに入る。先頭のまま4コーナーを周り最後の直線に入ると、手応え以上にしっかりと脚を伸ばし、交わされてからも差し返すしぶとさを見せコンマ2秒差の3着。レース後、三浦騎手は「道中ペースが遅かったのと、瞬発力勝負にしたくありませんでしたので、あの位置から上がっていきました。直線に入っても手応え以上に脚を伸ばし、最後まで止めることなく良く頑張ってくれました」とコメント。また、厩舎スタッフは「1回使ってから馬に気合いも入り、普段の調教から変わったなと感じていました。追い切りでも併せ馬で徐々に動けるようになってきてましたので、今日はある程度走れると思っていました。あと5~6キロ絞りたいところですが、少しボテッとしている体形なのでうっすらアバラが浮くぐらいがベストかなと思います」とのこと。小笠調教師は「結構渋太く頑張ってくれました。まだ上積みの期待できる体つきで、ここからさらに良くなってくると思います。レース後の具合を見てからになりますが、引き続き使っていければと思います」とのことだった。
◆向こう正面で上がって行った時は暴走だと思いましたが結果として正解だったのかなsign02
でも先頭に立ったらダメだったような気がしますcoldsweats01
皇成も紙一重ですからねsweat01
まあ今回この仔もまだ太いし気性的にもまだ幼いし上積みは見込めますし次走こそ勝ち上がって欲しいですhappy01

★先週の長浜さん★
クレバーカイオウ…4着
◆長浜さん曰く、前回は論外でこれぐらい走って当然ということでしたcoldsweats01

日曜日はローレルの新年会in京都でしたnote
参加人数は東京ほど多くはないですが調教師、騎手ともにゲストが超豪華でしたnote
色々話もさせていただきました。
その中でも小坂くんが最高でしたねhappy02
今回で彼のファンになった人は多いと思いました。特に女性がheart01
久し振りに長浜さんともお会い出来ましたnote
いつものように長浜牧場産駒談議で盛り上がりましたhappy01
楽しかったローレル新年会ですが今年の我が厩舎のローレル勢は非常に厳しいsweat01
現役馬が4頭ですからsweat01
しばらくはグリーン会員に徹しますかねcoldsweats01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »