« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

今期8勝目♪

早くも今年の目標の『8』勝をあげることが出来ましたnote
それも新馬勝ちのおまけ付きhappy02
残り2ヶ月ちょっとですが夢の二桁勝利を目指したいですねhappy01

グレイスフルデイズ
10月20日(土)東京・芝1400mに内田博幸騎手で出走。初出走の馬体重は470キロ。メンコを着用しパドックに登場(レース前に外す)。初めての競馬でチャカ付いている馬がいる中、落ち着いた様子でパドックを周回。初出走らしく馬体に少し緩さは残るものの、力は出せそうな仕上がり。止まれの合図の後も落ち着いた様子で騎手が跨がらずに馬場へ。馬場に入ると集団で少し歩いた後、促されるとスムーズに返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートから軽く気合を付けて外目4番手の好位へ。向正面で外から1頭が一気に上がっていったが、うまくやり過ごして5番手で流れに乗る。3~4コーナーで徐々にポジションを上げて行き、前の馬を見ながら直線へ。直線入口で先行馬に並びかけて追い出しを待ち、坂を登り切ると力強い脚で抜け出し見事優勝。勝ち時計は1分23秒6。上がりの3ハロンは34秒6。内田騎手は「事前に先生から好感触と聞いていた通り、強い勝ち方で横綱相撲でした。ゲート内では馬っ気を出すところがありましたが、レースではスムーズでかかることもなく、最後の直線でも余裕があり、追えば追うだけ伸びるような感じでした。かかるところもないので、距離はもう少し融通が利きそうです。背中・腰にまだ緩さがあるので、しっかりしてくればもっと走れそうですね」とのコメント。西園調教師は「調教通り強い内容で勝ってくれてホッとしています。直線に入る前は外々を回る多少強引な競馬ながらしっかりと勝ってくれました。内容からも上を目指せると思います。今後どういう路線に進むか馬主サイドとも相談して決めたいと思います」とのことだった。
◆なかなか強い内容で勝ち上がってくれましたhappy02
でもやっぱりまだ緩そうですねcoldsweats01
お姉ちゃんはピッチ走法で一生懸命走る仔でしたがこの仔は飛びが大きそう。
だから先生は広いコースの府中を選んだのかなsign02
次走は自己条件かsign02重賞かsign02
どちらにしても距離をもうちょっと伸ばす方がもっともっとこの仔の良さが活きそうhappy01

ナイジェラ
10月20日(土)東京8R・3歳以上1000万下(牝)D1400m・16頭立7枠13番に田辺裕信55.0kg・馬体重482kg(+2)で出走を予定していましたが、発馬機内で暴れ転倒。馬体検査の結果、両頚部打撲傷を発症し競走除外となりました。尚、本馬は11月19日まで出走停止及び停止期間満了後に発走調教再審査の制裁を受けました。これを踏まえ、今後について関係者間での協議に入りました。
田辺騎手「何の前触れもなく立ち上がって、やられてしまいました(前歯を折られました)」
宮坂厩務員(土曜日)「発馬機内に首が挟まっていたために、ゲートから出すのに手間取っていたみたい。外見上は飛節を擦り剥いているくらいで大したことはないし、厩舎に戻ってすぐに投げ草を食べているくらいだから大丈夫だとは思うけど、もし首を痛めていたら状態が急変する可能性もあるからね。これから首のレントゲンを撮って、少なくとも今日一杯は様子を見ないといけないね」
河内師(月曜日)「レントゲン検査の結果、首の骨に異常はなかったけれど、ゲートで暴れた時に腰を痛めたようだ。それに制裁をもらってしまったから、レースに使うにはまた少し間を空けないと無理やね。練習では何ともないのに、競馬では段々とゲートが悪くなって、今回とうとうジョッキーに怪我をさせてしまった。元々怖がりの馬でもあるし、こうなってしまうと年齢的にも正すのはなかなか難しくなる。馬自身の大きな怪我に繋がっても大変や」
◆一瞬凍りつきましたねsweat02
あんな体勢で画面に映っては…
まあコメントにもあるようにこうなってしまってはもう引退でしょうねthink
将来この仔の子供がクラブに出てくることを祈って繁殖生活頑張って欲しいですねhappy01

ウイングドウィール
10月20日(土)東京・芝1600mに田中勝春騎手で出走。馬体重は増減無しの474キロ。メンコを着用しパドックに登場。終始小脚を使っており、前走時に比べて入れ込みがキツい感じ。周回途中から二人引きになってからも様子にそれほど変化は無く、周回を重ねていくと時折常歩を見せる程度に落ち着きも出てきた。同様の馬体重も引き締まった感はあり、馬体のハリ艶は引き続き良好。騎手が跨がると小脚を使いながら馬場へ向かった。チャカチャカした素振りでダートコースを横切り、芝コースに入るとすぐに返し馬に入った。レースでは、揃ったスタートを切り、外の馬を行かせて2~3番手で折り合う形。行きっぷり良く2番手で3~4コーナーを通過し、逃げ馬を見る形で直線に向かったが、じわじわと脚を伸ばしたものの最後は後続に一気に交わされてしまい7着。田中騎手は「スムーズに良い感じで追走できましたが、直線では弾けませんでした。この馬自身もバテているわけではなく、しっかり脚は伸ばしてくれたのですが。まだ良化途上なのかもしれませんし、使いつつ良くなってくれるのでは。馬自身の動きにまだ硬さのある馬なので、もう少し軟らかみが出てくれば」とのコメント。22日、宗像調教師は「具合が良かったので期待していただけに残念です。レース後も問題なさそうですので引き続き使っていければと思います」とのこと。
◆やっぱりテンションが高過ぎますねcoldsweats01
だから最後に弾けないんでしょうねcoldsweats01
それにやっぱりマイルよりは1800の方が良いような…

★先週の長浜さん★
クリノサガルマータ…9着
◆ダートよりやっぱり芝かな…
ディアワイズマン…6着
◆休養明けにしては良く走っていますねhappy01
長浜さん曰く、「次走は走るぞsign01」ということでしたhappy01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »