« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

勝てはしませんでしたが大満足の週末でしたhappy01

ベアトリッツ
10月27日(土)京都・芝1400mに佐藤哲三騎手で出走。馬体重は前走より2キロ減の422キロ。少し甘える仕草を見せ、厩務員を軽く引っ張って気合いを見せつつの周回。小柄な馬だが、体を維持してフックラ見せ具合は良さそう。騎手が跨がると気合いを見せ、首を振り小脚を使いながら馬場へ。芝コースに入ると、すぐに返し馬に入り、軽快なフットワークでスムーズに駆け出していった。レースでは、出負け気味のスタートから押していき、中段8~9番手で向こう正面を進む。馬なりで徐々に上がっていき、4~5番手で3コーナーを過ぎ、手応え良く3~4番手で4コーナーを回り最後の直線に入ると、馬場の真ん中を良い脚で伸びるも、逃げ馬に届かず2着まで。レース後、佐藤哲三騎手は「前回に比べて道中は楽な感じで進めました。外からこられた時に、まだ不安そうな素振りも見せましたが、初戦よりもブレが少なくしっかりと走ってくれました。距離を少し伸ばし、良馬場でこの馬の競馬が出来れば、安定した走りをしてくれそうです。数字上は2キロ減っていましたが、体は維持できていました。状態も間隔を取りつつしっかりと調教を積み、良くなっている感じでした」とのコメント。また、音無調教師は「やはりスタートがおっとりしているので、少し距離を伸ばしてみても良いかもしれません。体が小さい馬なので少し間隔を開けるかもしれませんが、1400m~1600m辺りで使えるところを使っていきたいと思います」とのこと。
◆最終コーナーまでは『シメシメ、久し振りの口取りだhappy02』と思っていましたが勝ち馬に上手く逃げられましたねcoldsweats01
まあレース毎に内容は良くなっていますので次に期待ですかねhappy01
初めて実馬を見ましたがやはり小さいcoldsweats01
でもバランスは良くて如何にもディープの仔ですねhappy01

ローレルレヴァータ
10月28日(日)京都4R・障害OP・D3170m・13頭立6枠9番に小坂忠士60.0kg・馬体重512㎏(+18)で出走し、タイム3分39秒9で6.3秒差の12着。
小坂騎手「転んだ時のイメージが残ってしまって迷いがあるのか、休養から戻って来てから飛越が不安定で、レースでも突っ込み気味でしたし、2周目からは首を下げてしんどそうな飛びになっていました。もっと積極的に乗れば違ったかもしれませんが、次は変われると思いますよ」
加用師「乗り役の都合もあったのでここから使うことにしたけど、調教が足りなかったのは明らかだから、今日は仕方がない面もある。様子を見ながらだけど、厩舎で調整しながら予定を立てていこうと思う」
◆明らかに稽古不足のガス欠でしたねcoldsweats01
叩いた次走が試金石になるでしょうね。
今回この仔を選んでくれた小坂くんも次ダメなら離れるでしょうし、力があるところを見せて欲しい。

トゥルヴァーユ
10月28日(日)東京・芝2000mに三浦騎手でデビュー。初出走の馬体重は520キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。500キロを越す大型馬も馬体に重め感はなく、仕上がり具合は悪くなさそう。歩様に柔らか味もあり、元気いっぱいで状態も良さそう。他の馬たちにジョッキーが跨ってからも入れ込むことはなく馬場へ向かった。馬場入場時は、早く走りたいのか少しうるさい面見せたが、誘導馬のところまで歩かせてからスムーズに返し馬に入った。レースでは、揃ったスタートも無理せず、馬なりで後方4番手からの競馬。行きたがる馬を我慢させて、折り合いを付けつつ3~4コーナーを後方3番手で周った。直線に入り大外に持ち出されて追い出されると素晴らしい伸び脚で前を捉えにかかり、いったんは先頭に立ったが、坂を登りきったあたりで外にヨレ、内から交わされてしまい3着で入線するも、勝ち馬が降着となり繰り上がっての2着。レース後、三浦騎手は「馬群を突くことも考えましたが、大跳びの馬なので前が詰まる不利も考え、直線まで待ってから大外に持ち出しました。良い脚を使ってくれましたが、先頭に立つと少し遊ぶところがあり内から差し返されてしまいました。追い出すと馬体が沈み込んで一気に加速するあたりに能力の高さを感じます。パンパンの良馬場向きの馬で、今日のような馬場は少し馬にはかわいそうだったように思います」とのコメント。また矢野調教師は「外枠で他の馬に比べ距離を走らされたこともありますが、坂を登りきったところで馬が調教が終わりと思ってしまったようなところがあったかもしれません。調教に比べ実戦の方が反応も良く、内容は悪くなかったと思います。今日のレースで能力があることは分かりましたので、また次走に期待したいと思います」とのこと。
◆稽古が良かったのである程度は期待していましたがそれ以上の走りでしたねhappy02
前日スタッフさんに仔のこのことを聞いたところ距離は長い方が良いけど馬場条件は芝・ダート半信半疑だということでしたcoldsweats01
しかし良い脚を見せてくれましたnote
突き抜けるかsign02
と思いましたが距離なのかsign02気性の幼さなのかsign02
まあ走るのはわかりましたので次は絶対期待ですねhappy01

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »