« 週刊愛馬情報♪ | トップページ | 週刊愛馬情報♪ »

先週の結果

久し振りの府中、楽しんで来ましたよhappy01
結果は残念でしたけど良いレースを見せてくれましたhappy01
大満足ですnote

ビッグビート
4月21日(土)京都・ダ1400mに出走。馬体重は2キロ増の566キロ。落ち着いた様子でパドックに登場。時折物見をするもののそれほどひどくはなく、首を下げて集中した様子でパドックを周回。多少の発汗が見られ少し余裕のある体つきも、歩様は力強く厩務員を引っ張りながらキビキビと。他の馬たちにジョッキーが跨ると2人曳きになり馬場へ向かった。馬場入場時は気合いを表に出しながら小脚を使ってダートコースに入り、すぐにスムーズな軽いキャンターで返し馬を行った。レースでは、好スタートを決め先頭に立つも、内の馬が行く気を見せたため無理せず2番手からの競馬。逃げ馬をマークするように2番手で3コーナーへ入ると、先頭に並びかけるように4コーナーを周り直線に向かった。最後は2頭の叩き合いとなり、いったんは並びかけられるも最後は1/2馬身突き放して見事優勝。勝ちタイムは1分24秒5。レース後、岩田騎手は「まだフワフワしていて、レース中も頻りに物見をしていました。逃げるつもりだったのですが内から来られると怯んでしまい2番手からの競馬になってしまいました。大きい体の割には精神的に幼く、まだまだ伸びしろが期待できそうです」とのコメント。また、音無調教師は「また体が増えていましたが、勝ってくれて良かったです。これ以上増やさずに使って行ければと思っています。レース後の具合にもよりますが、問題がないようであれば引き続き出走させたいと考えています」とのこと。22日、音無調教師から連絡があり「レースの後、歩様に乱れが出ていましたので、レントゲン検査を行ったところ、右前の膝に小さな骨片が飛んでいるのが見つかりました。いったん休ませて骨片を取る手術を受けさせます。続けて使ってみたかったので残念ではありますが、今後のためにもしっかり治して欲しいと思います」とのことだった。『右前橈骨遠位端部に剥離骨折を発症し、全治6ヶ月』の診断。25日に山元TCへいったん移動し、その後社台クリニックで骨片除去手術を受ける予定。
◆勝ったのも束の間って感じですねsweat02
運があるのか無いのか…coldsweats01
ただまだまだ幼いのでこの休養で精神的に大きくなってくれれば良いと思います。
しかし、体はもう大きくならないでねsweat01

ファンタビュラス
4月21日(土)福島3R・3歳未勝利(牝)D1700m・15頭立3枠5番に松岡正海54.0kg・馬体重462kg(-6)で出走し、タイム1分53秒1で3.6秒差の13着。
松岡騎手「距離も長いし力の要るダートも合わないですね。3番手から行きましたが、4コーナーで一杯でした。芝の千二が良いと思います。人気の馬に乗せて頂いたのにすいませんでした」
池江師「具合は良かったはずなのに、何ですかね。乗り役に話を聞いてよく敗因を考えますけど、申し訳ありませんでした。この後は少し体重を減らしてしまったし、節を空けないと使えないとも思いますので、牧場で調整を進める予定です」
◆条件が合わないにしてもあまりにも情けないですね…sweat02

ハートオブグリーン
4月21日(土)京都・芝1400mに幸騎手で出走。馬体重は増減無しの454キロ。落ち着いた様子でパドックに登場し、厩務員を軽く引っ張りながら元気に周回。馬体をフックラと見せ状態はとても良さそう。ジョッキーが跨ってからも入れ込みはなく、気合が徐々に乗ってくる。小脚を使いながら芝コースに入ると、すぐに外ラチ沿いを軽快なフットワークで駆け出していった。レースでは、まずまずのスタートも無理せず後方からの競馬。14番手のインを通り3~4コーナーを周り直線へ向かうと、大外に出されジワジワと伸びるが前も止まらず10着まで。レース後、幸騎手は「前の馬たちに折り合いが付き、ペースが落ち着いてしまいました。この馬自身も、最後の直線は良く伸びているのですが、前も止まってくれませんでした。もっとペースが速くなってくれれば違っていたとは思うのですが、今日は展開が向きませんでした」とのコメント。また五十嵐調教師は「前がガンガンやりあってくれる流れを期待していたのですが、思ったほどペースが速くなってくれませんでした。ラチ沿いでジッとして直線だけ外に出す予定通りの競馬ができたのですが、展開が向きませんでしたね。具合も良く期待していただけに残念です。節を開けないと芝の短距離は出られそうもありませんので、短期放牧を挟むかもしれません」とのこと。22日、五十嵐調教師は「レース後、脚元に問題はありませんが、多少テンションが上がって馬房内でもイライラした素振りを見せています。芝レースは少し間隔を開けないと出られませんので、短期放牧を挟みたいと思います」とのことで、24日(火)に宇治田原優駿Sへ放牧に出る。
◆開幕馬場の最内枠…
追い込み馬にとっては非常に辛い…

ウイングドウィール
4月22日(日)東京・フローラS(GⅡ・牝・芝2000m)に、江田照男騎手で出走。馬体重は前走より増減無しの468キロ。リングバミを着用。馬体はキープしているものの、小脚を使いながらチャカチャカしており、発汗も目立つ。もう少し精神的にも成長が欲しいところ。騎手が跨がっても同じ様子のまま馬場へ。芝コースに入り宥めつつ進んだ後、促されるとスムーズに返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートから中団より前目の6~7番手を進む。折り合いもつき、同じ位置のまま道中は進む。4コーナー手前から同位置も徐々に前との差を詰め始め、良い手応えで最後の直線に入ると、良い脚を使い3番手に上がりかけたものの、ゴール前で後続から来た馬に差されてしまい8着。レース後、江田照男騎手は「惜しかったですね。道中は折り合いもつき、『この手応えなら』と思ったのですが…。距離は問題ありませんし、折り合いもつき、乗り易い馬ですね。あとは、精神的にもっと成長してくれたらと思います」とコメント。帯同していた調教助手は「もう少しでしたね。3着には残れるかなと思ったのですが、残り200mで…。今後の事は調教師が決めると思います」とのこと。
◆騎手にも馬にも何も文句はありません。
現状の力は出せたと思います。
ただまだ幼いのかな…パドックでの入れ込みがなければ最後の踏ん張りもあったのかなsign02
一瞬、勝ちも意識しましたし、もちろんオークス出走も…
秋の京都の大舞台に出走して欲しいですねhappy01

★先週の長浜さん★
トウカイカンターレ…13着
◆きっちりビッグビートが勝たしていただきましたcoldsweats01
トウカイレジーナ…10着
◆ちょっと距離が短かったなcoldsweats01
スマートミスティア
◆ちょっと厳しいな…

|

« 週刊愛馬情報♪ | トップページ | 週刊愛馬情報♪ »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報♪ | トップページ | 週刊愛馬情報♪ »