« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

ダメだ~crying

ノヴァグロリア
2月19日(土)京都・こぶし賞(芝1600m)に佐藤哲三騎手で出走。馬体重は10キロ増の470キロ。厩務員をグッと引っ張りながらパドックの外目を力強く周回。馬体に張りもあり状態は良さそう。周回を重ねると小脚を使い気負い気味になり、発汗も目立ちはじめる。他の馬たちにジョッキーが跨ると、多少入れ込み気味に横歩きをしながら馬場へ向かった。馬場へ入るとすぐに、やや掛かり気味に駆け出していった。レースでは、やや立ち後れ気味のスタートとなり中団からの競馬。3角手前で折り合いを欠いて後退してしまい後方3~4番手で3~4コーナーを周り直線へ向かうと、ジワジワと前との差を詰めて9着。レース後、佐藤哲三騎手は「前の馬に近づきすぎていたため、控えようとしたときに折り合いを欠いてしまいました。道中も内に刺さりっぱなしで、競馬に行って少し苦しいところがあったのかもしれません。こんなに負ける馬ではないのですが」とのコメント。また音無調教師は「体は戻っていて立ち直っていると思っていたのですが、今日は苦しがる仕草を見せていたので、良いときに比べると調子も本当ではなかったのかもしれません。気の悪い面も見せ始めているようなので、ここは無理せず一休みさせた方が良さそうです」とのことで、いったん放牧に出る可能性がある。
◆メンバー的には行けるgoodと思っていたのですが…
こちらの方が戦闘態勢になかったようですsweat01
全く良い所も無く、見せ場も無く…
一度リセットした方が良さそうですcoldsweats01
クラシックはほぼ絶望でしょうねshock

モアグレイス
2月12日(土)に帰厩。17日、西園調教師からは「本日坂路で帰厩後1本目の時計を出しました。全体の時計が56.3、終いは12.5で馬なりです。大変順調にきており、このままレースに向けてどんどん進めていきます」との連絡が入っている。3月13日(日)阪神・フィリーズレビュー(GⅡ・牝馬限定・桜花賞トライアル・芝1400m)に出走予定。なお、鞍上について西園調教師とも相談し「前走でこの馬の良い面を引き出してくれましたし、同じジョッキーで臨むことにします」とのことで酒井学騎手で向かう予定だ。
2/17 栗東坂稍 1カイ  56.3-40.8-26.0-12.5
◆鞍上が酒井君に決定しましたnote
まあ前走でも完璧な騎乗だったので当然なんですけどねhappy01
トライアルが楽しみになってきましたhappy02

ウイニングティアラ
16日に再度連絡があり「今のところ骨瘤もひどくなっていませんし、脚元への異常も見られませんので引き続き使って行けそうです」とのことで、引き続き続戦の予定。なお、次走について矢野調教師から連絡が入り「テンションも上がっていませんので中山2週目の3月5日(土)芝1800m(牝)に向かうことにしました。少し距離が長いかもしれませんが、牝馬相手の方が勝てる可能性も高いと思います。鞍上は、前回上手く乗ってくれた▲平野騎手で向かう予定です」とのこと。
◆やはり限定戦のようですねhappy01
コメントのようにちょっと距離が心配ですが…
まあ大丈夫でしょうnote

今週は久し振りの出走の仔が多そうですhorse
楽しみですnote

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »