« 先週の結果&週刊愛馬情報 | トップページ | 2010年を振り返って »

先週の結果&週刊愛馬情報

本日の東京大賞典で私の今シーズンの競馬は終了致しましたhorse
今シーズンの反省会は後日にするとしまして…coldsweats01
先週の結果と愛馬情報をどうぞhappy01

ノヴァグロリア
12月25日(土)阪神・ラジオNIKKEI杯2歳S(GⅢ・芝2000m)に佐藤哲三騎手で出走。馬体重は8キロ増の476キロ。パドック登場時から首をリズム良く使い上々の気合い乗り。踏み込みに力強さもあり状態はとても良さそう。周回を重ねると時折小脚を使ったり小うるさいところを見せ始めるが、入れ込んでいる感じはなく、ジョッキーが跨るとさらに気合いを見せつつ馬場に向かった。小脚を使いながら馬場に入ると横歩きをしたりグルッと回ったりしてうるさいところを見せたが、しっかりなだめてからスムーズな返し馬に入った。レースでは、スタートで寄れ気味になり出遅れてしまい後方からの競馬。後方4番手で競馬を進めるも3コーナーで前が詰まり気味になってしまいポジションを下げてしまう。後方2番手で3~4コーナーを周り直線へ向かうと、インを突いて良く伸びるも9着まで。レース後、音無調教師は「前で競馬ができないと厳しい流れになってしまいました。今回はゲートが悪かったことにつきますし、思ったような競馬ができず残念です」とのコメント。また佐藤哲三騎手は「ゲートで隣の馬がうるさくしていて、それに釣られてガタガタしているタイミングでゲートが開いてしまいました。ハナを狙うくらいのつもりでいたのですが、出遅れて後方からの競馬となり道中も前が詰まってしまい下げざるを得ませんでした。最後は伸びていたし、もう少し前に付けられるか、レースが流れてくれていれば良かったのですが。調教でもしっかり動けるようになり、大分力を付けてきているのは感じています。返し馬やゲートで少し子供っぽさを見せていましたし、もう少し気持ちのON・OFFができるようになってくれればと思います。まだこれからの馬で、春にはさらに良くなってくる馬だと思います」とのこと。28日、音無調教師は「レース後も変わりなくきています。今回のレースではゲートが悪くて競馬になりませんでしたね。中団あたりからの競馬を見てみたかったのですが残念です。次走については京成杯か若駒ステークスに登録する予定です」とのことで、1月16日(日)中山・京成杯(GⅢ・芝2000m)か、22日(土)京都・若駒S(芝2000m)に登録予定。
◆まあ頑張ってるんですがね…
重賞初挑戦ならこんなもんですかねcoldsweats01
見るべき所も随所にありましたが、その反対に反省点もそれ以上にありました。
先生も見放さず王道路線をまだ歩ませようとしているみたいだし、しばらくはドキドキで楽しめそうですnote

ローレルレヴァータ
25日(土)阪神12R・3歳以上1000万下(混)D1800m・16頭立7枠13番にC.ウィリアムズ56.0㎏・馬体重458㎏(-2)で出走し、タイム1分53秒9で1.1秒差の6着。
ウィリアムズ騎手「非常にスムーズな競馬ができて満足しています。良い感触の馬ですが、勝ち馬を捉えることはできませんでした」
加用師「終始揉まれないポジションで行けたし、3コーナーあたりから上がって行った時には、一瞬勝つんとちゃうかと思わせたが、追ってから突き抜けないあたりを見ると、現状この馬の力なのかな。時計的に見てもね。また年明けの状態を見て次のレースを考えよう」
1月5日(水)京都8R・4歳以上1000万下(混)D1800mまたは1月15日(土)京都12R・4歳以上1000万下・D1800mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されています。
加用師「京都3日目の特別登録もしておいたけど、今のところ初日か5日目の平場を考えている」
◆流石はC.ウィリアムズ騎手、文句の無い騎乗でしたhappy01
ウィリアムズが減量ならあそこから際どい勝負に持って行けたでしょうが、そんなことはあるはずも無く…coldsweats01
現地で観ていた人の話では、まだ毛艶が悪く冬毛もボウボウで絶好調には程遠いということでしたsweat01
でもレース内容が徐々に上向いているので気長に待ちましょうかねhappy01

モアグレイス
12月26日(日)阪神・芝1600mに熊沢騎手で出走。休み明けの馬体重は32キロ増の470キロ。元々コロンとした体型で体全体に張りもあり、腹回りはやや立派に映るものの、数字ほど重い印象はなく、かなりの成長分といった感じ。パドックの外目を気分良さそうに周回し、動きもキビキビして状態は良さそう。ジョッキーが跨ると気合いを表に出し時折軽く小脚を使い、二人引きで馬場に向かう。馬場入場後すぐに返し馬に入り、スムーズなキャンターで駆け出していった。レースでは、揃ったスタートからスッと外目の先団へ。外目4番手で流れに乗り、行きっぷり良く3~4番手の絶好位で直線に向かった。直線では内から寄られる不利もあり、伸びることが出来ず9着。熊沢騎手は「久々で大幅に体も増えていましたからね。更に不利もあって勢いが無くなってしまいました。ここまで短い距離を使っていた分、ムキになって走るところはありましたが、かかっている訳ではなく、このペースに慣れてくれれば十分対応できそうですし、フワッと出てあの位置の競馬が出来るようなら文句無しです。走ってきそうで、楽しみな馬ですね」とのコメント。西園調教師は「良く踏ん張っていたと思います。今回も太すぎる感じはなく、子供っぽい体型からも、まだ成長する馬だと思っています。次走については、京都3週目1月16日(日)芝1600mと、同日・紅梅S(牝馬限定・芝1400m)の両睨みで考えたいと思っています」とのことだった。
◆良い所での不利でしたが、正直不利が無くても上位争いは厳しかったでしょうねcoldsweats01
しかし+32kgとは…sweat01
かなりびっくりしましたcoldsweats01
数字ほど太くは見えませんでしたが、やはりあと1~2本足りなかったのと幾分太かったのが最後の坂で響いたのでしょうねcoldsweats01
次走、京都なら面白いでしょうねgood

ローレルガイア
入厩後ここまで変わりなく調整されており、本日追い切られました。
12月26日・美南坂良2本・助手・4F55.0-40.7-27.5-14.2(一杯追)
(2歳新馬・カワキタロイ・馬ナリの0.1秒先行同入)
12月29日・美南坂良2本・単走・助手・4F58.6-43.6-28.7-13.8(馬ナリ余力)
武市師「日曜日から坂路で15-15を始めて、今日で2本目。明後日の31日にも坂路で15-15をやる予定です。年明けからはゲート中心に進めます」
◆デビューは中山最終sign02

ランデブー
週末の再検査、昨日の再々検査を受けた結果、左腰の筋肉痛と左後肢球節部の軽度の亀裂骨折で全治3週間との診断でした。年明けにノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。
池江師「幾度となく獣医さんとも相談して、結局は初めに診断を受けた左腰の筋肉痛の方が程度が悪いとのことでした。左トモ球節の骨折線はやっぱり古傷で、もう再生の兆候が出ているから心配はいらないようです。大事に至らず良かったですし、今週は歩様もすっかり改善されています。この症状なら筋肉注射の処置だけで済みそうですけど、すぐに速い所をやれるという訳でもありませんから、もう少し手元において様子を見た後、年明けに放牧して、そこで進めてもらいましょう。順調に良くなって、僕の厩舎の解散前に競馬に使えるまで仕上がってくれればいいですね」
◆怪我が軽度で良かったですcoldsweats01
デビューからチグハグなことが続いていますが、一度リセットして来年再出発をして欲しいですねhappy01

チタニウムヘッド
帰厩に向けて15-15中心の調整。12月28日、場長は「15-15を乗り込み、大分走りに気持ちが入ってきて、体の方も良くなってきた感じです。コンスタントに強目を消化しながら、帰厩への態勢が整ってきました。帰厩の声がかかれば、良い状態で送り出せそうです」とのこと。安田調教師からも「年明けに帰厩させられればと考えています」との話があり、このまま帰厩に向けて乗り込んでいく。
◆いつ帰ってくるのかな…sweat01

キャリーザデイ
引き続きウォーキングマシーンのみの調整が行われている。12月28日、牧場担当者は「エコー検査の結果あまり良化は見られませんでしたので、ストレスが溜まらない程度の運動にとどめ次回のエコー検査を待ちたいと思います」とのことで、1月後半から2月にかけて再度エコー検査を行う予定。12月22日現在の馬体重は520キロ。
◆我慢think

カメリアビジュ
12月28日、矢野調教師より「悪いところもなく順調に来ていますが、少しずつテンションが上がってきています。少し攻めると喰いが細くなるので、そのあたりを考慮しながら調整を行っていって、年明けの牝馬限定戦に向かいたいと思います」とのことで、1月10日(祝・月)中山・ダ1800m(牝)に横山典弘騎手で出走の予定。
12/22 鈴来 美南W重 73.9-56.9-40.8-12.6 強目に追う
シベリアンアロー(古500万)一杯の内0.5秒追走0.2秒先着
◆順調に行きましょうnote

メンブランツァ
12月28日、牧場担当者は「大きな疲れがあるわけではありませんが、まだ体が戻ってきません。体がフックラしてくるまでは、もうしばらく軽目の調整で様子を見ます」とのことで、引き続き馬体の回復に専念することになった。
◆成長成長sign03

キープザブレイヴ
12月27日、池上調教師より「入厩後も順調で、このまま乗り込んでいければ出走体勢も整いそうです。このまま順調なら3日間開催でデビューさせたいと思っています」とのことで、1月10日(月・祝)中山・ダ1800m(混)に石橋脩騎手でデビューする予定。
12/22 助手 美南W重 71.0-56.4-41.9-13.9 馬なり余力
ロシュローブ(新)馬なりの外0.6秒先行同入
◆いよいよデビューですかnote
どんな走りを見せてくれるのか楽しみですnote

ピンクファンタジー
乗り運動も開始され、現在は軽目キャンター1400~1600mの調整が行われている。12月28日、牧場担当者は「飛節の具合を見ながらの調整ですが、乗り出した後も飛節に違和感はありませんので、治療を続けながらこのまま乗り込んで行けそうです」とのことで、飛節の状態を確認しながら帰厩に向けて徐々にペースを上げていく。
◆慎重にsign01

ウイニングティアラ
12月14日にセグチレーシングS(イバラキ)へ移動。現在は周回コースで普通キャンター1800~2000mの調整が行われている。28日、牧場担当者は「良い感じでペースも上がってきて、このまま入厩に向けてで進めて行けそうです」とのこと。また矢野調教師より「一時のひ弱さも解消され順調に来ています。このまま乗り込んで行ければ、1月には再度入厩の目処が立ちそうです」との連絡があり、1月の入厩こ向けさらにペースを上げて乗り込んでいくことになった。12月14日現在の馬体重は481キロ。
◆順調に行って欲しいですね。

★先週の長浜さん★
トウカイポリシー…競走中止
◆両後繋靭帯不全断裂ってことは競走能力喪失でしょうね…sweat02
大きい所を獲れる仔だと思っていただけに残念ですshock

|

« 先週の結果&週刊愛馬情報 | トップページ | 2010年を振り返って »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の結果&週刊愛馬情報 | トップページ | 2010年を振り返って »