« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

今期3度目♪

予告通り口取りして来ましたよscissors
今期3度目。今までの最高が年4回。
今年もまだ約3ヶ月弱ありますんで記録狙えるかもsign02
でも口取りは根気が全てであとはちょっとの運かなsign02
年末まで私も愛馬も頑張りますgood

ローレルレヴァータ
2日(土)札幌10R・オーロラ特別・3歳上1000万下(混)D1700m・13頭立4枠4番に藤田伸二55.0㎏・馬体重478㎏(+18)で出走し、タイム1分47秒9で4.0秒差の12着。
藤田騎手「仕掛けて焦らせるとフォームがバラバラになっていたし、手前を替えさせ様とすると前後がバラバラになってしまった。無理させると故障しそうだったので、流さざるを得なかった」
加用師「プラス体重は成長分だと思うし、レースにならなかった原因がよく判らない。レース後の左後肢の歩様がちょっと気になったので、よく調べておきます」
◆まだなのかな…
無理はして欲しくないですcoldsweats01

ノヴァグロリア
10月3日(日)阪神・芝1800mに佐藤哲三騎手で出走。馬体重は4キロ減の470キロ。軽く小脚を使いパドックに登場。デビュー戦よりは落ち着きが出た感じで、厩務員を引っ張って気合いを見せつつ、パドックの外目を周回。周回を重ねると少し気負い気味に小うるさいところを見せ始める。ジョッキーが跨ると更に気合いを表に出し、二人引きで小脚を使って馬場へ。芝コースに入ると横歩きをして行きたがるも、他の馬達と一緒に歩かせてから返し馬に。促されるとスムーズなキャンターで駆け出して行った。レースでは、揃ったスタートを切り、内の馬を行かせて2番手の位置。ゆったりとした流れの2~3番手を折り合って進み、十分な手応えを残して直線へ。直線では2頭の叩き合いとなり、いったん外の馬に交されるもゴール直前で差し返して見事優勝。佐藤騎手は「今日はゲートも大丈夫でしたね。まだまだ子供っぽいところがあり、手前を替えると3コーナーでは内に直線では外へと、その手前の方へ行ってしまい、何度か立て直しながらの競馬でした。それでも最後は併せた馬を差し返す根性を見せましたし、これからの馬だと思います。調教でも併せた馬に遅れて付いてくる馬ですから、ちぎって勝つタイプでは無いかもしれませんが、上のクラスでも大崩れなく走れそうですし楽しみだと思います」とのコメント。音無調教師は「スタートも良く、思っていた以上に前々の競馬となりましたが、流れ的にも良い位置で競馬が出来たと思います。いったん交された時には厳しいかと思いましたが、根性のあるところを見せてくれましたね。京都の4週目には同じ距離のレースも組まれていますが、この後のことは状態を見て考えたいと思います」とのことだった。
◆デビュー戦も今回も2歳戦とは思えない内容のレースをしましたcoldsweats01
この仔は勝負根性がとにかく凄いわhappy02
でも気性がとにかく子供ですねcoldsweats01
口取りの写真を撮る時、暴れてしまったので撮り直しと思いきや哲ちゃんから勘弁してくださいと泣きが入り、私は多分横を向いている写真となりそうですcrying(笑)
まだまだ強くなると思いますnote
絶対クラシックに連れて行ってよねhappy01

今週から待望の京都開催ですnote
キアーロが今週予定ですが1200より1400の方が良いんだけどな~coldsweats01
先生、我慢してくださいsmile

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »