« 週刊愛馬情報 | トップページ | 先週の結果&週刊愛馬情報 »

週刊愛馬情報…その2

久しぶりの出走無しの週になりましたcoldsweats01
ようやく仕事の方も落ち着いてきましたので競馬中心の生活に戻ろうかなbleah
早速グリーンの新規募集馬のカタログが着ているのでこの週末はそれに集中かなsign02

ローレルファイアー
6日・栗坂良1本・単走・助手・4F…-43.0-…-14.5(馬ナリ)
坂口助手「今週は権利がないから無理でしたね。今日は軽く流した程度ですが、カイバもしっかり食べていますし、体調面は問題なしです」
◆さすがに中1週では出られませんでしたね。
来週以降頑張れsign03

ナイジェラ
この中間も変わりなくWM・コースでの準備運動・坂路2本15-15の調教メニューを順調に消化しています。
河内師「やり込み過ぎると体が硬くなり、特に肩が出にくくなりやすいが、ケアをしながら進めています。馬の出し入れが思惑通りに運ばず、オーナーには迷惑をかけて申し訳ありません。週末毎の競馬の結果で入替の馬を決めていますが、ナイジェラも直ぐに戻したい馬なので、近い内には帰厩させたいと思っています」
◆いつ帰ってくるのかな…sweat01

プリミエール
宇治田原優駿ステーブルへ昨日放牧に出ました。
鮫島師「トレセンの環境にだいぶ慣れてくれたし、ゲートも受かったので、ここでもうワンランク上げるために宇治で1ヶ月くらい乗り込みを進めたいと思います」
◆出ちゃいましたsweat02
ちょっと残念ですが焦ることはないのでじっくり待ちましょう。

レンデフルール
現在は週1回、坂路コースで強目の調整が行われている。8月6日、牧場担当者は「体もフックラして、精神的にも落ち着けてとても良い状態です。このまま帰厩の声が掛かるまでしっかりと乗り込んでいきます」とのことで、このまま乗り込んで近々帰厩する予定。
◆新潟間に合うかなsign02

マッカラン
引き続きウォーキングマシーンのみの調整が行われている。8月6日、牧場担当者は「引き続き治療を行いながら様子を見ています。痛みはないようですが、脚元がもう少しスッキリするのを待ってから乗り運動を開始する予定です」とのことで、もうしばらくはウォーキングマシーンの調整を続ける。
◆長引かなければ良いのですが…sweat01

ヴェルディーク
7月22日・公営笠松・蘇水峡特別(ダ1400m)に出走し10着。節間を開けるため、23日にグリーンウッドTへ短期放牧に出て、8月5日に帰厩している。牧場担当者からは「放牧に出た直後は少し硬さがありましたので、コースで体をほぐす調整を行い、その後は坂路で乗り込みました。移動前にサッと速いところを乗って送り出しています」とのこと。次走は小倉の短距離戦に向かう可能性が高い。
◆戻って来ていますね。
時間が無いので頑張って欲しい。

チュラヌウジ
8月6日、矢野調教師は「先週末締め切りの盛岡芝レースの交流戦に投票したのですが除外になってしまいました。中央の芝レースに出走させるためには節が足りませんので、交流戦と両睨みで次走を検討したいと思います」とのことで、今週末締め切りの川崎の交流戦・サーフフラワー賞(8/18・ダ1400m)に出馬申込みを行う可能性がある。
◆盛岡の除外は痛いですね。
初ダートにはなりますが交流競走の方が勝つ確率が高くなりますから抽選通って欲しいですね。

★今週の長浜さん★
8/5 浦和7R トウカイバサラ 6着
◆浦和で走ってました。
勝てないですねsweat02
時間が無い。

土曜 札幌9R トウカイエリート
日曜 新潟7R フレンドリーノア
◆エリートは久しぶりの伸二騎乗note
ノアは芝ではどうかなsign02

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 先週の結果&週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 先週の結果&週刊愛馬情報 »