« 先週の結果 | トップページ | 週刊愛馬情報…その2 »

週刊愛馬情報

今週2頭出しなら府中へ遠征しようと思っていたのですが…
流れが悪いですshock
どの仔かこの悪い流れをストップpaperしてくれ~sweat01

マッカラン
5月27日、加藤調教師は「出走態勢も整い、相手関係を見て最終的に出走させるのかどうか決めますが、今週の東京で出走させる可能性があります」とのことで、5月30日(土)東京・芝2400m(混)に出馬投票の可能性がある。
出走予定:5月30日(土)東京8R・4歳以上500万円以下・混合・芝2400m・小野次郎騎手(57キロ)
フルゲート18頭(出走予定全10頭、本馬より優先順位の高い馬0頭・同条件の馬5頭)*自身、前走5着以内
◆出れるでしょうし、多分出走するでしょう。
頭数もフルゲートにはならないだろうし、鞍上も続いて小野次郎くん。
勝ち負けですねhappy01
勝って降級といきたいですpunch

キアーロ
30日(土)中京11R・4歳上1000万下(混)D1700mに渡辺薫彦で出走を予定しています。
この中間も変わりなく順調に調整されており、今朝追い切られました。
27日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.9-39.0-25.5-12.8(一杯)
◆恐らく除外でしょうねcoldsweats01
除外権利取って来週出走かなsign02
調子もそんなに良くはないみたいだし、このまま降級して得意な距離の番組がある阪神でも良いかなsign02
なんて思ったりもしていますcoldsweats01

ローレルベルロード
週末の帰厩後ここまで変わりなく順調に調整されており、今朝追い切られました。
復帰戦は来週以降を予定しています。
27日・栗CW良・助手・6F80.5-64.3-50.3-37.5-11.9(6分所・強目)
(古馬1600万・ゲットクール・一杯の外クビ遅れ)
◆ようやく戻ってきてくれましたcoldsweats01
降級前に1勝とは思っていますが果たして出来るかなsign02
この前職員さんと話したところではこの仔は好調期が長く続かないようですcoldsweats01
生産者の橋本さんと話した時も長い目で見てあげてと言われましたし、この時期の1勝は重いかもしれませんsweat01
要するにまだまだ子供だということですcoldsweats01
来年ぐらいには本格化して欲しいけど…気が長いので私は待ちますよcoldsweats01

オーデパルファン
この中間も変わりなく順調に調整されており、東京競馬4週目のデビューを予定しています。
◆私の最近の関心事はこの仔のデビュー戦ですnote
ようやく具体的なことが決まってきましたup
でも東京4週目となると芝1600m(混)となるのかなsign02
それともダ1400m(牝)なんだろうかsign02
てっきり来週の芝1600m(牝)だと思っていたのですが…
ちょっとわからないので長浜さんにでも連絡とって聞いてみることに致しますbleah

ローレルカンタータ
昨日の調教中に右前蹄のザ石を発症しました。今朝の装蹄で鉄を患部を保護するものに打ち替えており、明日より馬場入りを再開する予定です。次走につきましては東京競馬の最終日を予定しています。
勢司師「ハ行後すぐにレントゲンを何枚も撮ったのに、原因が特定できず心配しましたが、結局ザ石だったようなので少し安心しました。いきなり強い調教には戻せませんが、東京のラストには間に合うと思います」
◆悪い流れですねsweat01
折角2100の走りが見られると期待していたのですが…
まあ怪我の具合も軽いようなのでちょっと安心しましたhappy01
東京最終日と言うと…1600が2番組もありますし優先が無くても出走は出来そうですね。
それにパルファンと同日出走になりそうnote
府中に行くしかありませんねup

レンデフルール
「レース後も脚元に異常はなく馬は元気いっぱいですが、アレルギーなのか水疱が出ています。問題ないと思いますが具合を見て今後の予定をたてようと思います」とのことで、具合を見て今後の予定を立てることになった。
◆次走は福島になるでしょうね。
芝になるのかsign02ダートになるのかsign02
英一先生の手腕に期待ですsign03

プレサンティール
5月16日・新潟・石打特別(牝・芝1600m)に出走し16着。少し間隔を開けるため、21日にグリーンウッドTへ。27日、担当者の話では「レース後も問題はなく、すでに普通キャンターで乗り出しています。現在は坂路2本を17-17中心のメニューで乗っており、このまま乗り込んでいきます」とのことだった。
◆次走期待したいです。

ヴェルディーク
5月16日・新潟・芝2000m(牝)に出走し15着。23日にグリーンウッドTへ放牧に出ている。27日、岡田調教師は「馬体の戻りが遅いのと、間隔を開けないと出られそうにありませんので、いったん放牧を挟みます。出られるかどうか分かりませんが、次は距離を短縮して変わり身が見られればと思っています」とのこと。
◆色々試してください。
活路が広がれば嬉しいです。

チタニウムヘッド
5月21日に栗東TCに入厩。現在はゲート練習を行いつつ普通キャンター中心の調整。27日、安田調教師は「入厩後も問題はなく、坂路1本とゲート練習を行っています。本日、初めてのゲート練習に臨みましたが、入りや駐立は問題なく、手開けで扉を開けゆっくりと落ち着いてゲートを出ることが出来ました。こういうタイプはゲートもスムーズに進められると思いますので、このまま練習を積んで試験を受けさせます。まだ馬体が緩いので、今週末あたりから15-15を乗り、焦らずに仕上げていきたいと思っています」とのこと。
◆凄く良い感じですねnote
2歳戦早々に勝ち上がりもあるかもsign02
期待してしまいますup

|

« 先週の結果 | トップページ | 週刊愛馬情報…その2 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の結果 | トップページ | 週刊愛馬情報…その2 »