« 週刊愛馬情報…その2 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

掲示板が程遠い状況になっておりますsweat02
どの仔でも良いので突破口をpunch

キアーロ
27日(土)阪神6R・3歳上500万下(牝)D1200m・16頭立3枠6番に△田中健51.0㎏・馬体重454㎏(+10)で出走し、タイム1分13秒3で1.1秒差の7着。
田中(健)騎手「スタートが抜群だったので、前々で流れに乗せられると思ったのですが、周りがかなり押して行っていたので、無理させずにあの位置からになりました。すごく良い感じで行けていた割に最後は伸びあぐねてしまいましたが、前回より少し距離が増した分、競馬はし易かったです。1200m~1400mあたりがこの馬には合っていると思います」
担当厩務員「体重は増えていたけど丁度良い位だったと思う。前回も今回も出来自体は良かったから残念だけど、負けてしまったのは仕方がないかな」
◆太いのかな…
見た目はまだまだ増えても良いと思える馬体なのですがこの血統は細いぐらいが走りますからねcoldsweats01

シャンパンキッス
9月27日(土)中山・芝1600m(牝)に、柴山騎手でデビュー。初出走の馬体重は424キロ。多少周りを気にしながらも落ち着いた様子でパドックを周回。馬体に太目感もなく、状態は悪くなさそう。ジョッキーが跨ると更に落ち着いた様子で、気分良く馬場に向かった。馬場入場時もイレ込みはなく、しばらく歩かせてからスムーズに返し馬を行った。レースでは、まずまず揃ったスタートを切るも、行き脚が今ひとつで後方からの競馬。道中は後方3番手前後のインを追走し、直線で外目に持ち出されるとジワジワと伸びて10着。柴山騎手は「スタートはまずまずでしたが、周りの馬を気にして内に逃げ気味となり、あの位置からの競馬となってしまいました。終始、内ラチ沿いに逃げるような感じで競馬をしていましたが、直線で周りに馬がいなくなるとそれなりの脚を使ってくれました。スピードはあるので、芝自体も問題ないですし、競馬慣れしてくれば変わってくると思います」とのコメント。小笠調教師は「調教ではそれ程動かなかったのですが、レースでは終いに脚を使ってくれましたし、実戦向きのようです。レース後の具合を見て次走を検討したいと思います」とのことだった。
◆まあとりあえず無事にまわってきてくれたってとこですかねsweat01
あまり調教が動かなかったのでどうなることかと思っていましたが少しだけ良いところは魅せてくれたような…sweat01
叩いた次変わって欲しいです。

|

« 週刊愛馬情報…その2 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報…その2 | トップページ | 週刊愛馬情報 »