« 週刊愛馬情報 | トップページ | 非常につまらん(怒) »

新戦力紹介!!

予想通り今週も出走馬無しですsweat02
2週も出走馬が無いとつまらないですね。

ローレルアクシス
1日・栗坂稍1本・単走・助手・4F53.6-39.3-26.1-13.5(強目)
鶴留師「今週も除外。想定の段階で出否が微妙な状況だったから、今週は調整程度の稽古にしました」
◆来週は出走できるのかな?!

フローネ
4日・栗B重・単走・助手・6F80.0-65.6-52.0-39.4-13.1(6分所・馬ナリ)
黒田助手「牧場でも乗っていたし、仕上がりは早いタイプだからね。来週の土曜日に函館へ出発します。ビッシリ乗るよりは、サッと使った方が良い馬だと思っています」
◆函館開幕に照準を合わせているみたいですね。
北海道で一発やって欲しいですね!

★今週の長浜さん★
今週は出走無しですsweat02

今週は注目する馬達の出走も無いし、ダービーも終わったことですし2歳の新戦力を近況+個人的感想などを交えて紹介したいと思いますnote

horseヴェルディーク(♀父ダンスインザダーク×母父アフリート)
周回コース2000mをハロン17~18秒ペース中心の調整。6月6日、担当者は「トモの力が付くのを待っているところなのですが、ちょうど成長段階にあるようで、体付きが変わってきています。牝馬で少しカリカリしたところはありますが、秋を目標にじっくり進めます」とのこと。成長を促しながら、馬に合わせてじっくり乗り込む。5月19日現在の馬体重は425キロ。
◆グリーンで唯一の関西馬。
馬体はちょっと小さいですがバネがありそうで好感が持てました。
秋を目標ということなので2歳戦から楽しめそうですnote

horseウィズハーモニー(♂父ティンバーカントリー×母父トニービン)
疲れも徐々に抜け、乗り運動を再開している。現在はダク1200m、周回コースでキャンター2000mの調整。担当者は「乗り出した後も問題はありませんが、詰めて進めると背腰に疲れが出やすい馬なので、強弱を付けて進めるつもりです。直線コースでのメニュー再開に向け徐々に進めていきます。やや太目感が残っているので、運動時間を長めに設けてじっくりと調整中です」とのこと。6月2日の馬体重530キロ。
◆この世代で1番良い馬と思ったのがこの馬です。
ただ募集直後のアクシデントでやっぱり順調さを欠きましたね。
でもまあ馬体重も結構あるみたいですし気長に待つつもりです。
母父トニービンも魅力ですねnote

horseミラクルポケット(♀父ジャングルポケット×母父フジキセキ)
現在はウッドチップとダートを併用し、直線コース2本中心の調整。担当者は「ウッドチップではハロン15秒も消化しており、変わりなく順調に乗り込んでいます。欲を言えば、もう少し体に厚みが出てくれば完璧です。コンスタントに強目を消化していますが、イレ込んだりせず、相変わらず大人しくて扱いやすい馬」とのこと。早めの始動を目指して鍛練を重ねる。6月2日現在の馬体重は473キロ。
◆今勢いがあるジャングルポケット産駒です。
母系もかなり活躍馬が出ているのでかなり期待しています。
早めの始動もということなんで楽しみ充分ですnote

horseチュラヌウジ(♂父チーフベアハート×母父ノーザンテースト)
北海道・武田ステーブルで順調に乗り込まれ、入厩に向けて6月4日にセグチレーシングステーブルへ移動した。長距離輸送による輸送熱が出てしまったため、しばらくは無理をせず様子を見る予定。担当者の話では「若駒にはよくあることですので、特に問題はないと思いますが、熱が引き体調が整うまでは、ケアをしつつ無理せずに様子を見ます」とのこと。5日、担当者から「まだ微熱が残っていますが、少し熱も下がってきましたし、飼い葉は食べてくれていますので、大丈夫だと思います。あと1~2日舎飼いで様子を見ます」とのこと。熱がおさまるまでは無理せず様子を見る。
◆この仔を選んだ最大の理由はやはり値段ですかねsweat02
でも馬体も結構気に入って出資しました。
ここにきてちょっとトラブっていますが早期デビューは間違えなさそうですしここまでは期待に応えてくれていますね。
あとは走るのみですnote

horseシャンパンキッス(♀父ホワイトマズル×母父Caerleon)
5月13日にセグチレーシングSに移動。環境に慣らしつつ調整中。現在は周回コースで普通キャンター1800~2000mを中心に、週2回坂路で18-18ペースを消化している。6月4日、担当者は「まだ少し他の馬を気にしたり、落ち着かない面は見られますが、坂路調整を開始し順調に乗り込んでいます。馬体重も増え腹回りなどはどっしり見せていますので、このまま乗り込んでいけそうです」とのこと。6月3日の馬体重450キロ。
◆こちらはプレゼント馬です。
ヴィガーのような活躍は望みませんが1勝はして欲しい。
早期デビューは出来そうですし楽しませてくれそうnote

horseナイジェラ(♀父ワイルドラッシュ×母父Star de Naskra)
日高町の白井牧場で育成中です。WM・角馬場でのウォームアップ・屋内で1500mのハッキングキャンター、屋外のDコースで20-20のキャンター1500m(週1回は17~18)という調教メニューを順調に消化。白井社長によると「もっと速いところもいけますが、焦る必要もないのであえて無理させません。前脚のモヤ付きが固まってきたことや、暖かくなって汗を良くかくこともあって、馬体重が468kgまで絞れ、脚元の問題は無くなりましたね。もう心配ありませんよ」とのことです。4月13日には半兄のアサクサアンデス(父エンドスウィープ)が3勝目を挙げており、本馬への期待もますます高まります。
◆この仔は一目惚れでしたlovely
この仔が走らないと私が今まで培ってきた馬見の実績(まあ誇れるのは勝ち上がり実績だけですがねsweat01)が崩壊してしまいますからねsweat01
頑張ってもらわないとpunch

horseオーデパルファン(♀父トウカイテイオー×母父コマンダーインチーフ)
新冠町のホースプレイスで育成中です。WM40分・Wコースでダク1400m・ハッキング800m・20~25秒ペースのキャンター2500mという調教メニューを順調に消化。萱野師は「小柄だけど気が強くてキビキビした動きをしますね。まだまだ成長途中で早くに使える感じではないけど期待していますよ」とコメントしています。また、担当スタッフによると「今担当している馬の中で、一番『楽しい』馬ですね。日々、成長を感じられるほどグングン良くなってる。時々尻っ跳ねしたりと、何をするか判らない時もあるし、決して素直な馬じゃないけど(笑)。小柄だけどすごくバネがあって、乗り味がすごく良い。併せ馬でも、相手にちょっとでも前に出られると、耳をギュッと絞って向かっていく根性も頼もしいよ」とのことです。下旬にはWM40分・ダク10分・ハッキングキャンター両手前で5分・屋内Wコースで20-20のキャンター2400m・週2回20-20で坂路1本、ないし22秒ペースで屋外Dコースでのキャンター2400mという調教メニューを順調に消化。どこにも悪いところがなく、一時期見られた疲れもすぐに克服してくれたので、とても丈夫な馬だと感じます。馬体重にあまり変化がありませんが、充実期ではないと考え、無理に増やすことはしていません。併せ馬で、相手に抜かさせない、勝負根性を見せるのも魅力です。中旬の計測では馬体重412kg(+2)、体高156cm(+1)、胸囲179cm(+1)、管囲19.5cmでした。
◆言わずと知れたこの世代唯一の名付け親です。
私が応援している長浜牧場産だけに期待は相当なものです。
馬体が少し小さい気がしますが全身ゴムマリみたいにパンパンに詰まっているみたいですし短距離~マイルぐらいで弾けてくれそうですnote

horseローレルカンタータ(♂父マーベラスサンデー×母父ティンバーカントリー)
新冠町のホースプレイスで育成中です。初旬からWMとロンジングの軽めの運動を再開し、14日から騎乗調教を再開しました。金沢場長は「傷口はもう大丈夫でしょう。久しぶりに跨ったけどやっぱり良い馬。背中の感じが違うわ」とコメントしています。21日に視察した勢司師も「ほんと良い馬ですね。ウチに入る2歳の中でこれが一番いいんじゃないかな」とコメントするほど、良い馬っぷりを見せつけています。中旬からはWM・角馬場でのダク~ハッキングキャンターを両手前で行っています。大事をとって長めに休んだことから、身体全体が緩い感じですが、それを補って余りある素質を感じさせる馬です。中旬の計測では馬体重476kg、体高164cm、胸囲186cm、管囲21.5cmでした。
◆プレゼント馬です。
ただ狙ったプレゼント馬でして…多分特典が無かったら素直に出資していたでしょう。
かなり評判が良いみたいなのでそこそこ期待していますnote

horseローレルファイアー(♂父キングヘイロー×母父Seattle Slew)
第2回産地馬体検査を受検することが決定したため、6月6日(金)の予約申込みをもって募集終了とさせていただきます。
馬体重472㎏ 体高159cm 胸囲180cm 管囲19.7cm
担当スタッフ「見た目には大分絞れてきましたが、体重は逆に増えていますよ」
◆こちらも結構評判が良いみたい。
キングヘイローが走ったのもあって出資したのもありましたがやっぱり雰囲気が良いですよね。
この世代1番大きいところを…と思っている仔です。

という感じでこの世代はちょっぴり多めの9頭(♂4・♀5)です。
種牡馬もバラバラだし距離適正も散らばったと思っています。
大きいところが取れたらそれはそれで嬉しいのですがまずは私お得意の勝ち上がり狙いですかね。
意図的にこの世代はローレル『大きいところ』、グリーン『1発狙い』と考えております。

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 非常につまらん(怒) »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 非常につまらん(怒) »