« 週刊愛馬情報…その2 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

キアーロの激走はありましたが…

キアーロ
19日(土)阪神5R・3歳500万下(牝)D1200m・16頭立6枠11番に角田晃一54.0㎏・馬体重432㎏(-2)で出走し、タイム1分12秒1で0.4秒差の3着。
猿橋助手「大外を周りながらも頑張りましたね。怖がりなところがあるので、かえってそれが良かったのかな」
*入線後、1コーナー付近で躓き転倒し右前膝に擦りキズを負いました。競馬場診療所の検査では骨折の診断は出ませんでしたが、翌日になって膝に腫れが出たようです。経過につきましては随時致します。
◆いや~ビックリしましたね。
2度ビックリしました。
1度目は3着の激走。もう一つはゴール後の転倒です。
まあ3着の激走は馬体重が-2kgということで激走か惨敗かどっちかだろうなと思っていましたが良い方に転がってくれましたね。
ただこれ以上は減って欲しくないですね。
転倒は正直本当にビックリしました。当日仕事でラジオを聴いていたのですが3着の嬉しさより心配の方が上回って配当などどうでもよくなりましたね。
現地に行っていた友人やら職員さんに連絡取るやらで仕事どころではありませんでした。
1時間ぐらいして騎手も馬も無事だということを聞いてホッとしましたが翌日鞍上の角田君は乗り替わりだし後日キアーロ自身も腫れが出たようですしかなり心配です。

グリーンスピリッツ
4月20日(日)中山・ダ1800m(混)に出走。馬体重は6キロ減の480キロ。いつものように落ち着いた周回。6キロ絞れたものの馬体はまだ太く、余裕のある状態。ジョッキーが跨ってからも入れ込むことはなく馬場へ向かった。馬場へ入るとゆっくりと返し馬に入った。レースでは、まずまずのスタートから、押しながら7~8番手で1コーナーに。そのまま馬群に付いていく形も、3~4コーナーから徐々に遅れ始めてしまい、離された最後方での入線となってしまい10着。レース後、村田ジョッキーは「『できるだけ前々で競馬をして欲しい』といわれていましたのですが、一完歩目が出なかったので行けませんでした。終始気を抜かせないようには心がけて乗りました。最後も止まっているという感じではないのですが・・・」とのコメント。矢野調教師より「今回は少頭数で相手関係も三場開催で手薄でしたし、坂路調教でも動いていましたので、競馬での変わり身を期待していたのですが、レースでは全く見せ場もなく、残念な結果となりました。デビュー時は爪の状態が良くなく、プールと坂路調整中心で幾分太目だったかもしれませんが、今日の結果を見るとこのまま数を使っていけたとしても、未勝利戦を勝ち上がれるかどうか疑問に思われます。残念ではございますが、ここで引退させることにしたいと思います」との話があり、師とも協議を進めた結果、同馬を引退させることになった。平成20年4月24日に中央競馬の馬名登録を抹消する予定。
◆ちょっと早い気がしますが…
今回の走りでは仕方がないですかね。
もうちょっと絞れた馬体での走りを見てみたかった気がしますがアノ気合い不足では…
馬体自体は悪くないと思うのですが…残念です。

★今週の長浜さん★
トウカイデリシャス…9着
◆道悪は不得意?!らしさが無かったですね。
良馬場で見直し!

今週はレンデフルールとローレルベルロードが出走予定です。
2頭とも勝ち負けだと思うので楽しみです。
本当は福島に行きたいのですが今週は京都です。

|

« 週刊愛馬情報…その2 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報…その2 | トップページ | 週刊愛馬情報 »