« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

先週の結果

今週も勝てませんでしたcrying

レンデフルール
3月29日(土)中京・芝1200mに出走。馬体重は2キロ増の446キロ。まだ冬毛が残っているものの、大分毛艶が出てきた感じ。時折物見をしていたが、終始首を下げ気味にして落ち着いた様子でパドックを周回。ゆったりとした歩様で歩いており状態は悪くなさそう。ジョッキーが跨っても落ち着いた様子で馬場へ向かう。馬場入りの際も落ち着いており、ジョッキーに促されるとスムーズなキャンターで返し馬を行った。レースでは、揃ったスタートから押して2番手に。そのまま高位を追走し、3番手で3~4コーナーを回り直線追い出されると、1度は2番手に上がり前を追うも、差が詰まらずゴール直前に交わされてしまい3着。レース後、太宰ジョッキーは「ゲートは首を上下させたりうるさくしていたのですが、以前よりは大分ましになってきているので、スタートはこなしてくれました。最後の直線は交わせそうで交わず、最後はじりじりとした伸びになってしまいました。最後にもう一伸びできればよいのですが」とのコメント。また調教助手の話では「毛艶はまだ冴えませんが、具合としては変わりなくきていたと思います。ゲートの難しい馬ですが、その辺はジョッキーがうまく乗ってくれたと思います。あと一歩なのですが」とのこと。
◆ワンパンチ足りませんね。
同じことを繰り返しているような感じ。
まあ堅実に走ってくれているので贅沢と言えば贅沢なんですが…
この仔にはもっともっと上を目指して欲しいと思っているのでちょっと辛口になる訳ですが…
今回の惜敗でおそらく続戦でしょうね。
次走は思い切って最後方からの戦法はどうでしょうかね?

グリーンスピリッツ
3月30日、中山・ダ1800mに出走。馬体重は10キロ減の486キロ。落ち着いた様子でパドックを周回。気合不足のようにも見えるが、これはいつものことで問題はなさそう。10キロ絞れたことで、歩様に力強さも感じられ、状態は上向いていそう。レースでは、まずまずのスタートも、スピードに乗れず後方からの競馬となり、13番手で1コーナーに。向こう正面で他の馬たちが上がって行き、後方2番手で3コーナーに入る。徐々に上って行き後方3~4番手で4コーナーを周り直線へ向かうと、じわじわと伸びるも12着。レース後、鷹野ジョッキーは「多少気合を付けてでも行こうとは思っていたのですが、スタートで少し躓き加減になってしまい、思ったように行けず無理はさせませんでした。道中は楽に付いて行けたのですが、鳴きながら走っていてレースに集中できていない感じです。集中して走れれば、もっとやれていいと思います」とのコメント。また矢野調教師は「馬体が絞れつつレース内容は徐々に良くなってきているとは思います。1200の忙しい競馬よりは、1800mの方が競馬はしやすそうです。引き続き使っていこうと思いますが、乗り役の話では集中できていないとのことなので、次走はブリンカーを着けてみようと思います」とのこと。
◆まだ10kgは重いですね。
それに全然走る気になってませんね。
他の厩舎なら引退の危機って感じなんですが…矢野照先生はありがたいです。
やっぱり何処かでヴィガーの弟ということも頭の片隅にあるのでしょうかね。
私もそれがあるからまだまだ諦めていない訳ですが。
次走こそ何とか兆しを見せて欲しいです。

★今週の長浜さん★
出走はありませんでした。

春のG1シリーズが始まりましたね。
馬券はソコソコ勝っているのですが…
今年から本格的に愛馬馬券をしているものでそれが本当に足を引っ張っています。
愛馬馬券の買い方は勝たないと全然儲かりませんので今シーズンの成績では…本当に厳しいですね。
今週はローレルベルロードのデビューみたいだし一発やってくれないかな…

|

« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊愛馬情報 | トップページ | 週刊愛馬情報 »